ビル・ゲイツ『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』の概要と感想【読書会レポート#24】

watakorebook_210828_03 本・書評
スポンサーリンク

「読書会レポート」は、東京ワタコレ読書会で紹介された本をアーカイブしていくコーナーになります。

本の内容や感想に限らず読書会での話題なども合わせて紹介しているので、読書会レポートを読んでいると、まるで読書会の場にいるような感じがしてくるかと思います!

書評としても、読書会の様子を知るレポートとしてもお読みいただけます!

↓読書会のお申し込みはこちらから!

スポンサーリンク

ビル・ゲイツ『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』の概要と感想【読書会レポート#24】

【読書会レポート#24】紹介された本:ビル・ゲイツ『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』

ビル・ゲイツ『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』早川書房、2021年。

ビル・ゲイツ『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』の概要

温室効果ガスの排出量をゼロにするしか、我々が生き残る道はない。

「気候大災害」を回避するために、ビル・ゲイツは政治・経済・科学のあらゆる側面から分析を進めてきた。

10年の調査が結実し、パンデミックをも予期した著者の描く未来像が明らかに。

経済活動は止めずに温室効果ガスを防ぐ方法を模索する。

ビル・ゲイツ『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』に対する紹介者Wさんの感想・観点

・技術の紹介というイメージの本です。

・経済活動を止めるということは後進国を犠牲にすることになるので、経済活動を止めない方法を模索する方向性の本です。

・自分もマックじゃなくて植物肉を食べたり、電気自動車を購入するなどできることをやっていきたいと思います。

ビル・ゲイツ『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』について読書会で話題になったこと・感想

読んで印象に残っていることはありますか。

温室効果ガスの原因って電気が大きな割合を占めていると思っていました。けれど、それは全体の20%ほどらしいです。牛のゲップなどの割合も20%くらいで同じくらいというのはびっくりしました。


 

SDGsとかESG投資とか、 経済活動もいよいよ環境を無視できなくなりましたね。

ブラックロックっていう世界最大の資産運用会社があるんですが、数年前「環境に悪影響を与えている会社には一切投資しない」という大きな方向転嫁をしたんですよね。それが数年たって徐々に波及してきた感じだと思います。

ビル・ゲイツ『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』に対する投稿者の感想

発表をしていただいているのを聞く限り、ビル・ゲイツは経済活動を止めなくても技術革新で何とかなる考えているみたいですね。

およそのリーディングカンパニーのトップと同じ方向性だと思います。

一方で、斎藤幸平氏の『人新世の「資本論」』のように、「技術革新では間に合わない。もはや経済活動と環境は両立しない」という立場をとっている方もいます。

どちらが妥当かという判断は中々難しいですが、個人的には技術革新で現状を突破できる方が前向きで望ましいですね。


読書した際にはぜひ読書会にご参加ください!

アウトプットすることで本の内容を記憶に定着させるとともに、考えたことをシェアしましょう!

お待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました